千差万別な動画の利用スタイル

YouTubeを見ていると

YouTubeを見ていると

YouTubeを見始めると、気づいたときにはすごく時間がたっていることが多いです。
将棋の動画などを見るのですが、基本的には、局面の解説をしているので、解説者が話しているのをただ聞いているわけではなく、こちらも考えているわけで、次の一手を十分くらいかけて考えているだけでも、十分で動画が終わってしまうと物足りなく感じるくらいです。
また、となりに続きの動画や類似の動画が並んでいるので、手を出してしまうと深夜になってしまうのが当たり前になってしまいます。 これではまずいと思って動画を見るのをやめると、リバウンドのような衝動がやってきて、徹夜で見てしまうこともあります。もちろんとてつもなく眠く、また、頭にあまり入ってこなくなっているのですが、快楽だけを感じているのか全然苦ではないです。
あとは、たまに疎外感を感じることもあります。 例えば、ニコニコ動画で放送されたものをYouTubeにアップされていることもあって、そういう時です。
放送に出てくる解説者の先生は、聞き手の女の子に対して、動画ということを意識しているのですが、コメントは、YouTubeの動画ではもちろん見えません。そうなると、出演者の先生にも、ニコニコ動画の時の視聴者にも見えていることなのに、私にだけ見えないわけで、仲間はずれにされた状態で、遠くからみんなを眺めているような気持ちになります。