千差万別な動画の利用スタイル

三味線動画

三味線動画

津軽三味線を扱ったマンガを読んでいたら、どういうものなのか気になってYouTubeで検索してみました。すると、そのマンガで出てくる大会のモデルになったと思われる大会の動画が、検索結果にずらりと並びました。
ちょっと雰囲気をつかむだけのつもりだったのですが、次々と動画を見てしまいました。
マンガの中では、津軽三味線はひくのではなく叩くのだ、とあって、でもそれはマンガの中での演出というか、すこしオーバーに言っているのではないかと思ったのですが、動画を見てマンガは正しかったのだとわかりました。いわゆる三味線とはちがって津軽三味線というのは大きく迫力があるものだとはわかっていましたが、全くの別物です。
切るように、というよりはバチで叩いて大きな音を出していてすごい迫力です。また、右手でバチを持っているのですが、左手でも指で弦を弾いて演奏をしているので、二人で演奏をしているかのような音の量があります。
人によっては軽快で、また人によってはどっしりと重く、人によっては寂しいような印象で、気づけば一時間くらいいろんな人の演奏を聴き比べていました。
ドがつくほどの初心者ですが、この人がいいのにな、と思うのに、優勝しているのは別の人で、残念だ、と自分なりの感想を持つ程度にはなっていました。